本のタイトル 子なし が入ります

初めての方へ→ブログの紹介

ーーー

12月に出版する、子どもがいない人生の概念の一般化を目的とする(←この辺いつも
言い回しが違うかも)
書籍の本のタイトルに、「子なし」が含まれます。


お子さんいる方といない方が話す時、
その他一般的に第三者を指す時にも
あの人は子なしだから、と言えば
見下した?とは言わないけどちょっと言葉づかいが粗い感じがします。

(気を使って、ふつうは
お子さんがいない、お子さんがいらっしゃらない、とかなんとか言うと思います。)

そんなんで、子どもがいない人(背景既婚未婚関係なく)の抵抗ない呼び方があると
いいなと思ってノンファン(NonEnfant)を
提案しています。

粗い感じの、取りようによっては見下し感がある「子なし」を
タイトルに使うことに最初抵抗がありました。

しかし、世の中で子どもがいない人を指す言葉として
子なし、が多分一番使われているみたいだ、
ということを出版社で調べてくれました。
特におそらくネットではそうですね。

どんなにノンファン、リンクス使っても誰も分からない(これは当然)。
または例えば英語でノーキッズ等使っても
認知されない。
それでは、本に興味さえもってもらえない。
最初のところで見てもらえない。

ということで、タイトルに「子なし」が入ることになりました。

今は、子なし、がタイトルにあるのは
「子どもがいない人のことを書いているよ~」と本に発信してもらうには
一番インパクトがあると思っています。

10/2 交流会開催します。参加者募集中。
第15回エスリンクス ノンファン(NonEnfant)交流会 

お願い いつもブログに訪問していただきありがとうございます。
エスリンクスは子どものいない人生の方の情報交換と交流を目的に

主催者Samiが株式会社を設立して、厳しい運営状況のもと続けております。
今年12月の本の出版も「子どものいない人生」の人たちのことをもっと知ってもらいたいという一念で
不採算覚悟で動いています。
子どもがいてもいなくてもこのサイトを知ったら興味を持ってくれそうな方に

サイトやブログ情報をシェアしていただけると嬉しいです。

※※※

エスリンクスのホームページはコチラ→エスリンクス
ブログを知っていただく機会になるのと↓励みになりますので押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次