本ー何を書いても

初めての方へ→ブログの紹介
ーーー

本にはページに制限があるから
すべての考え想いを中に入れるのはもちろん無理。
本筋を通さないと読んでて意味が通らなくなるから
そぎ落とすものも必要。

だから、だれが読んでも
「ここをもう少し書いてほしかった」
「この視点が欲しかった」
「ちょっとこの点が欠けていた」
etc
出てくると思ってます。
言われると思ってます。

本の制作過程で私があれもこれもそれも入れようとした。
いろんな属性の方が思い浮かんで、その立場に配慮しようとしたり、
あのケースもこのケースも入れようとしたり。

編集さんから⇒そうすると、ワケわかんなくなる

そうだよね~、五目ラーメンに酢豚やマーボー豆腐が乘ったら
五目ラーメンの味分からなくなるよね=^‘^=

そして、これが言われたこと(要約)で印象に残っているんだけれど、
本のことではなくて一般的にも当てはまること。
—————————————
世間でどんなに好感度が高い人でも必ずアンチはいます。
万人に好かれるのは無理なこと。
そこを気にして本の内容自体がぼんやりしてしまってはもったいない。
—————————————-

私は、アンチを恐れて(だって「子なし」の本ですからぁ)
そのため言葉をいじくりまわし考え普通なら10分で終わるところが30分、場合により1時間かかるようなことを
していました。

本を読んでくださった方で

ココをちょっと、ココがちょっと、と感じる方がいて
それをレビューなどに書く人がいるだろうなとは思うんです。

そうしたら、

今度はその方のココやコがを視点に是非本にして書いてください、教えてください

とお願いしたい~^^。子どもがいない、についてのいろんな本が、考え方が読みたいから。

 

私の本は、子どものいない人生の概念の一般化 のための先ず投げかけだから
子どもがいない、ことについての、ココは、ココが、という視点の本が
出てくるのを本当に期待しているのです。
子どもがいない人を扱う本が増えれば、それだけ知ってもらう機会が増えるので^^

※※※

エスリンクスのホームページはコチラ→エスリンクス
ブログを知っていただく機会になるのと↓励みになりますので押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次