ノンファン向けサービスまとめてあるの増えてる(嬉)

最近、ペットOKの宿増えているな~
利用するファスティング施設がある観光地にたくさんホテルや旅館があるんだけれど
ペット同伴(同伴?)OKの宿泊に変わっていたり、ペット連れできるようリニューアルしているところが
続々出てきていた。

ペット市場ン兆円だっけ?
すごいなあ。

と、お子様NG宿と検索すると
そういうのまとめてくれていたりサイトや検索で複数出てきたり
こ、これは前にはなかった現象~。

ブログや自身のサイトで書いてくれているのとは別にも
企業の宿泊検索サイトで

”子どものいない夫婦2人で箱根旅行を気兼ねなく楽しめる大人の隠れ家的な宿に泊まるとしたら、おすすめはどこでしょう。”

てな表記が。(子どもが育って夫婦二人となっていないところに目が行った。おひとりさま向けも夫婦二人向けも
子どもが成人した後のことがだいたい含まれていること多し)
夫婦二人旅とか宿は一般的に料金はファミリー向けより高めになるよね(__)。。。

https://travel.gpoint.co.jp/daredoko/t12114/

 

子どもお断りの宿を営む方の紹介文から想いが伝わってきた。
長野のココいつか行きたい。

http://rosmarinus1998.com/concept.html

子どもがいる宿が嫌いとか子どもが嫌いとかそういうんじゃなくってね。
TPOというものがあるので
子供向けの場所
大人向けの場所
レストランでも旅館でも。

これまで、TPOを意識しないで
お酒飲む場所、宿泊場所に子どもを無理に受け入れちゃっていた風潮
感じていた。

その中のちょっとほんの一握りの方が
「子どもだって客でしょ」的に場所を考えずに騒ぐことがあったみたいなので
ノンファンとしても
なんだかなー的になってしまうこともあったかも。
長野の宿の主人の想いからも
社会一般にそういうことがやっぱり結構あったのかなと。

ーーー
発売記念で現在100円で販売しています(Kindle Unlimited入会で無料対象本)

hyoushi
https://www.amazon.co.jp/dp/B09KMTRD6P

 

先月出版 『なんで私が子なし人生に!?気持ちを落ちつかせるためにしたこと探したこと』Kindle版 奥平紗実

hyoushi210914season1000https://www.amazon.co.jp/dp/B09GLRCS8J

内容:こちらも書籍案内ページに全目次が書いてあります。
Kindle Unlimitedだと(初月無料)無料です。

※※※

エスリンクスのホームページはコチラ→エスリンクス
ブログを知っていただく機会になるのと↓励みになりますので押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次