思い出が詰まっているもの アルバムどうする

知り合い(男性、50代半ばくらい)の親御さんが
体も弱ってきてホームに入ることになり、
実家にあるものの片づけを奥さんと毎週末ずっと通って
処分整理していたそうです。

そこで処理に大いに困ったのが、アルバム。
今のようなデジタルの時代ではないので、現像してもらった写真が貼られたもの。
重たい、かさばる、でも思い出いっぱいのアレ。

成長してからアルバムは本人が作るようになったらしいけれど
それ以前の、赤ちゃんから子供時代のアルバムはご両親が作ったもの。

考えた末、赤ちゃんから子供時代のアルバムは親の許可を取って
処分することに決めたそうです。
「この子供時代のアルバムは親のためのものだから」と。
(数枚取っておいたりするとは思いますが)

お子さんもいるご夫婦で、随分、サッパリ?クール?だなあとその時は思ったのですが
自分たちが住むスペースも限りがあるだろうし
お子さんに残すのは数枚でいいと言えばいいし、、、。

50代半ばという年齢も関係していると思います。
ものを増やすというより
モノを減らす、生活のダウンサイズも視野に入ってくる年代。
(その前の世代の方には、
今日のブログの内容はまだ早くてつまんないかも^^;)

お子さんがいても(継ぐ人がいても)、
この決断。
子供がいないリンクス、
親が作ったアルバム、引き継ぐ人もいないのにどうする!?
そのまま死ぬまで置いておくのか、
死ぬ前にさっぱり断捨離か、、、。

と書きながら、私、その重い、子供の頃のアルバム、どこにあるのか
学生時代から実は見ていないということを思い出しました。
実家のどこかにあるのかな。既にどこかにいってたりして。

お子さんがいたらいたで、
処理に悩み困るものを残すのは悪い、と思いつつ
処分整理と思い出の中で悩むだろうし、
子供がいないならいないで、スパっ、と処分できると思いきや
そうもいかなかったり、、、。
(あ、今はアルバムのページを映してデータ保存するサービスが
あるらしい。とりあえずはコレかな。)

思い出が詰まっているものは
なかなか難しいのであります。

※※※

エスリンクスのホームページはコチラ→エスリンクス
ブログを知っていただく機会になるのと↓励みになりますので押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる