ある本の読後感

昨日まで行っていた断食施設には
漫画、身体やヨガについての本がたくさん置いてある。
お腹空いているときは
ぼーっと読めるものがいい、ということらしい。

以前紹介した
『「産まない女」として生きるあなたへ』
の本も見つけたのもここだった。

今回、前に読んだことがある山川亜希子さんの『宇宙で唯一の自分を大切にする方法』の本を見つけ再読。

最初に読んだのは10年近く前。
二度目に読むと、その時の自分に入ってくる度合やメッセージが
同じ本でも違うんだなあと改めて思った。

山川さんが自分のことがずっと嫌いだった、と書いていても
やはりご本人が東大卒、仕事もできて旦那さんもエリートでetcという
背景を知ると
「自分が嫌いなんていっても、こんなに恵まれているんだから」ぐらいにしか昔は思えなかった。

今回読んだ時は、年の功か、そうした恵まれたバックグラウンドより
自分を大切にする、自分を好きになるということが
どんなにか大切かということが山川さん自身のお話とともに
ぐっと入ってきた。

山川さんはお子さんはいらっしゃらないけれど
そのことに少し触れた部分を前読んだことは覚えていなかった。
昔は不妊治療もある程度やったら、それ以上はなかったからそれであきらめたが
今は大変だと思うーたしかそういったことが書かれていた。

断食で読みやすそうな漫画や本を手にするとき
思いがけず今の自分に必要な本との出会いがあったりするな~と思う
断食の間の思い出でした。

※※※

エスリンクスのホームページはコチラ→エスリンクス
ブログを知っていただく機会になるのと↓励みになりますので押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次