ひとりごと 成人式の月に思う

1月は成人の日があるので、成人式がらみの映像をテレビのニュースでよく見ました。

20歳の人たちを見て、20代後半、30代の頃はまだまだ

彼らがなんとなく、「後輩」みたいなイメージも持てたのですが

40歳をこちらが過ぎてくると、結婚が早い友達はハタチ過ぎで子供がいた人もいたので

成人式に出ている人たちは「子供の世代」、になってくる。

「後輩」から「子供」の年の差が広がり、それとともに

なんとなーくなんともつかない諦めと、なんともいえない執着がらみのことが

薄くなってはくるような気もする。

 

自分の子供が20歳になった時に40歳の人は、自分が50歳になると子供も30歳となるわけで

(当然だけれど)

この20歳の差はずっと同じ。

子供も当然年を取る。

しかし、子供がいないと、成人式で見る人たちはいつもハタチなので

自分とハタチの差がどんどん広がっていき

子供がいる人よりも、

なんだか若い人との差と老いをいつもいつも毎年1月に

感じるようになってきた気がする。

 

 

※※※

エスリンクスのホームページはコチラ→エスリンクス
ブログを知っていただく機会になるのと↓励みになりますので押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次