シスターフッド ふ~ん

 

シスターフッド映画というカテゴリーができたくらい

今シスターフッドが注目されているとかされていないとか

(私もネットと新聞で知ったんだけど)

ググると次の説明が一番上に

シスターフッドとは女性同士の連帯を表す語で、友情と似ているものの利害関係を超えた関係性のこと。 一つのイシューに向かって理念を共有したり、共闘できる、そういう関係のことだと認識されている関係性のことで、元々はフェミニズムの標語として使われていましたが、昨今の#MeTooで再注目されるようになった言葉です”

(一番上に出てきてどこからの引用になるか分からないのですが、コピペさせていただきました)

アナと雪の女王もシスターフッド映画になるみたい

この言葉のニュアンスは人によって違ってくるんだろうけれど

老後、子どもがいなくて、皆協力して助け合っていくときの

コンセプトとしてシスターフッド的なのいいなって。

女性どうしはしょせん

・実の姉妹以上にはなれない

・女どうしだからこそ、ボタンを掛け違えると余計なネガティブな感情を生んでしまう(嫉妬やもろもろ。それは時に対男性より
強いネガティブ性)

という側面はあるけれど

姉妹・親友未満ただ友以上

くらいの

心の同志っていうかあ

そういうのいいよなー。

 

まだ20代の頃、シスターフッド的な?年齢は離れていても
同志のような友人がいた。
しかし、その関係が長続きするとは限らない。
今は音信不通。

年とってから離れてしまうとこれまたキツイが。

映画の中の世界だからいいんだけど。

あ、シスターフッドの関係って阿佐ヶ谷姉妹みたいな感じ?
違うか。
男性だと究極分かり合えない部分も分かるのが女性。

あまりこの言葉をまだよく理解できていなくて

希望する方向、いい意味で勝手に使っている。

 

 

※※※

エスリンクスのホームページはコチラ→エスリンクス
ブログを知っていただく機会になるのと↓励みになりますので押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次