友達ー子どもがいたら ひとりごと

エスリンクスHP
書籍『「子なし」のリアル』
→この活動の源泉といったらやはりコレ→子どもがいない人を表す曖昧言葉が世の中に欲しい~!!一般的になって欲しい~!!
/→

 

ブログで前に書いたことあるけど
親友といっていい人が30代の頃いたのですが
理由があって疎遠になり今は全く連絡を取っていません。

一緒にいた時間が長かったし、女友だちでも、ともに歩んで成長したという感覚がある人。
なつかしくて、また話したいなと思うこともあるのですが
彼女は子育てと仕事で忙しいと思うし
共通項は今はないだろうし、
このまま会うことはないかもしれないとどこかで思います。

「子どもがいたら」

って思うんです。


 

多分ね、子どもを連れて会う機会が作れたと思います。
子どもが何かクッションになる。
子どもをだしにするというのは変だけれど
同じ子育てしている身として今の話と昔話を、、、となって
連絡しやすかったと思います。

子どもがいるとママ友で一時期であっても知り合いや友人は増える機会がある。
子どもがいるから今は仕方なくママ友として付き合っているという話も聞いたりするけれど
ママ友界にずっとこの先付き合えるベストフレンドがいる可能性ある。
子どもがいなくても仕事で様々な人と会う環境にあって友人ができるような人格者は別として
子どもの存在がないノンファンの交友関係は
減るものも多い。
減るというか存続するための最低条件(子どもがいる)がないというところだろうか。

*2019年3月2日(土)13:30-都内で「子なしのリアル考えるセミナー&参加者プチ交流会」開催します。
イベント告知ページできました♪こちら
追々開催経緯やセミナーにあたって考えていること書いていきます。
ご参加お待ちしています。~よろしくお願いします(*^-^*)

(peatixの方法がいまいち難しかったらイベント詳細に書いてあるメアドに送った方が早いかもです)
eventcaptureforblog

先日ブログで書いた個別トークセッション詳細はこちら⇒

 

※※※

エスリンクスのホームページはコチラ→エスリンクス
ブログを知っていただく機会になるのと↓励みになりますので押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次