子供がいないことを考えて費やす時間

子供がいない悲しみなどの感情

子供がいないことで考える
過去の後悔
現在の溜息
未来の不安

で占めている時間。

掃除中に急に思いました。
こうした子供がいないから派生する諸々の思考や感情の「総計時間」
一体どれだけになるんだろう?
これまでの「総計時間」。

子供がいないことを、

今は気持が安定していてもう大丈夫という場合
ほぼ大丈夫だけれど気分の波が下の時には落ち込む場合
一日の中でかなりの時間考えたり悲しくなったりしている場合
大丈夫だったはずなのに何かの拍子にまたひどく考えて悲しくなる場合
たまに思い出す程度の場合 etc etc
私の場合、時間とともに段々と今は大丈夫になっていると思う。
けれど
何かの拍子(引き金となる出来事)やバイオリズムにより
落ち込むときがあるなあ、、、というところでしょうか。

悲しい時間も心穏やかな時間も
同じ時間。
無理に明るくする必要もなく
悲しい時は悲しくてよいけれど
「思考」で自分で自分を悲しくさせる時間を
増やすと、それがクセになる時がある。
振り返ると、子供がいないことから来た感情や思考の占める
総計時間がかなり多くなっているんではないのか!?

と考えると、この時間を「無意識」にこれから増やすのは
やめたいと思いました。
ネガティブなことを考える方がポジティブなことを考えるより
時間がどんどん過ぎてしまいやすいので。

今日は何か説教調になってしまいましたm(__)m

※※※

エスリンクスのホームページはコチラ→エスリンクス
ブログを知っていただく機会になるのと↓励みになりますので押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次