家族が増える、とは?さて。

少し前にコメントいただいたことで
ちょい励まし(になればいいが)の意味もこめて。

ノンファンだと
父親が亡くなった時など
あ~、家族が減るばかり
私の家族は増えることはないんだな

ということを突きつきられると😢します。
イラストであえて表すとこんな感じ(いらすとや さんから)

figure_zasetsu
最後にたどりつくまで話が飛びますのでご注意^^
説明長いけれどちょっとガマンプリーズ。

以前私が学んだコーチングとは別の方からコーチングの手法を
今年学んだのですが
団体や先生によって、コーチングといっても手法イロイロなのね、って
思いました(前に習ったのだけで、そこよく知らなかった)。

今年学んだコーチングでは、クライアントさんのゴール設定が何より大事。
しかも想定外の方法が考えつかないような。
達成方法が分からないゴールを設定しそのゴールにいるのが当たり前のように
脳がなったらあとは行動がついてくるー(端折ってるか正確ではないけれどこんな感じ)
方法はRAS(ググると出てきます)がその最善のものを探してくれる。

最新の脳科学も取り入れているのね。

例えば、今働いているIT会社があったとしてその社長になること、がゴールじゃだめなんだって、
これは想定外のゴールじゃないんだって。方法まあ分かるしなれないことはないってわかるかららしい。

それで、クライアントさんじゃなくて
先生も私たち生徒もゴールを設定します。
その時に、ただゴール設定してください、って言うと。
仕事のことばかりになったり、お金のこと、恋愛のことばかりになったり人によって偏るのです。
だから8等分して、お金、仕事、趣味、家族、社会活動とかそれぞれ自分で考えた項目でゴール設定します。

(バランスホイールでググっていただければ出てきます。)

私でも想定外のゴール 趣味や仕事では想定外ゴール設定はできるけれど
家族の欄がか、かけない。家族のゴール設定が、できないよ~、でした。
(他の人は娘家族となんちゃらとか、子どもの教育なんちゃらとか書くのでしょう←偏見
でも子どもがいたら書きやすいですよね。子どもを含めての家族のこと書く方も多かったです)

で、思った。

方法が考えられない想定外のゴールっていうんなら家族の欄に書いてやろうじゃないのさ。え?

「家族が増える」ってさ。

書いちゃった。子どもいないから孫もできないし嫁も婿も来ないのに。

それが、こう書くとですね、
家族が増えるってどうなったら増えるんだろうって
脳がぐるぐる働いて

う~ン、う、、、、、、ん、ってなって考えて

道があるのかも???

子どもを持つ以外に家族が増えるとは?
子ども以外でメンバーが増えるとは?

じゃあ、何か活動していたら何かご縁で外国の方を養子や養女にとるとか
里親をして、籍の関係はないけれど、親と呼ばれるようになる関係とか

人間の想像力は時にはちゃめちゃなこと考えるのであります^^

でも、

この

家族が増える

というゴール設定をしておくと

例えば里親や国際養子や、関連のニュースがちょっと耳に入ってくると
敏感に脳はなる(そうです。でも実際そうです)。

自分の家族が増えるのは別に血がつながっているメンバーとは限らないし

もし「自分の家族が増える」という
ゴール達成をしたら

そして、そのために今は想像もつかない方法があるんだとしたら

なんだろ?どんなのがあるのかな?って考えると

ちょっと、うきっとしました。(RASが働く)

瞬間だけじゃなくって、ずっと継続してゴール設定を意識していると

何かの拍子でアイデアが出てきたりする。

ーーー
今回ゴール設定して考えたこと。

子どもがいないから家族が増えないとは限らない

という思考になった。

そうすると、60歳過ぎの生涯学習講座で一緒だったおじさん(自慢の娘息子いる)が
経緯があって台湾の女性が養女(縁組)で、自分の子どもより自分のことを気づかってくれている、と
話していたのを思い出したり(どんな経緯だろ、でもそんなことあるのね)

シニア青年海外協力隊で何かで行って(何の技術もないが)
現地の人にお母さんと慕われる(養子じゃないけれど心の家族が増える)

まあ、いろんな方法はあるわけです。

というわけで、同じ事象(子どもがいない)で
↓のままずっとどよ~ん でいるより

figure_zasetsuより

気持ち↓でいた方が楽しいのですよ。
(こういうfigure_dance方が免疫力もアップするらしい)

※※※

エスリンクスのホームページはコチラ→エスリンクス
ブログを知っていただく機会になるのと↓励みになりますので押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次