親ではない 

子どもがいない っていうのと
親ではない っていうのは
同意のような違うような。
正確には違うけれど
私自身については両方あてはまる。

でも 子どもがいないの方に社会は焦点を当てる。

子どもがいない人っていうけど
親ではない人、とはふつう言わない言われない。

考えたら
子どもがいないは 子どもを(ある意味)所有していないという haveの世界
親ではない、は その人の状態 beの世界

なんでこんなこと書いているかと言うと
国際チャイルドフリーの日を設定している組織の前の名前が
親にならない人たちのための全米組織 NON というらしく

チャイルドフリーも自由過ぎるイメージ(あくまで日本語の私が感じた語感)
チャイルドレスはレスーない、が強調される 不足のイメージ。

親ではない の方が言い方としてはいい場合もあるかもと。

どこ(親、子ども)に主点を置くかで感じ方がずいぶん違うなと発見。

子どもがいない人
or
親ではない人

国際チャイルドフリーの日のことは前に教えてもらって
書いた記憶があります(ほとんど忘れた💦)が
ちょっと感じるところがあったので。

国際チャイルドフリーデイ サイト

日本語版ニューズウイークの記事 興味深いな、この記事。海外でも同じようなことあるんだな~とかいろいろ。

 

※※※

エスリンクスのホームページはコチラ→エスリンクス
ブログを知っていただく機会になるのと↓励みになりますので押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次