重いテーマ・台湾での卵子提供急増のお話し

初めての方へ→ブログの紹介
ーーー




NHKの「あさイチ」で台湾での卵子提供とりあげるというのを知り
録画しておいて、さきほど見ました。

ずっしーんと重いテーマですね、、、
あと司会のイノッチにえらく感心してしまった。

台湾での卵子提供を利用する日本人が急増しているそうで
台湾では子どもが親を知る権利は認められていない。

その是非はともかく
実名で実際台湾で卵子提供により子どもを産んだ日本人女性が
実際を知って欲しいとテレビに出られていたのは
尊敬に値すると思った。

卵子提供を行っている台湾の病院による日本での説明会の様子が映される。
台湾の医師が取材に答えていた中で

「子どものいない家庭は暖かさが半減する」

↑煽り感満載の太字(笑)

 

そのあと、だから卵子提供で子どもを持つ機会をなんとかと
続いていったと思うだけれど

この発言は、やはりちょっとねえ。

どうして卵子提供が急増しているかが問題で
それは卵子の老化が問題で・・・
番組が終わりそうな時間がない中
イノッチが
「日本が急成長していく中で女性も働け働けと言われ
でも結婚できない人も増え・・・それでこういう問題が・・・・・・」
もう時間がないバタバタで
番組終了間際でした。
多分時間があったら
もっと卵子提供急増の背景の日本のいろんな問題や理由をイノッチは語れたと思う。
この人すごい勉強しているんじゃないか、と思いました(見る目が変わった)。
女性に対しての共感力がある。
隣に独身で子どもがいない有働さんがいるというのもあるかな。

卵子提供についてのルールは日本ではまだ法律制定の動きすらないらしく
これでは、法律のはざまで海外に行く人、行ける人、
出自の権利が持てない子どもが出てきて混乱してしまう。
日本って
いろいろ後手に回っていることが
多い気がする。
生殖医療は一種法律で決めるのはタブーな感じがあるからかしら。
でもこの問題だけではなく、
独り身増加の社会、
結婚できない非正規社員の増加、
早く打つ手を~~~
なぜか目についてしまう(自分が関心あるからね)。

他にもたくさん社会で整備しなくてはいけない重要なことがあって
法整備などされていっていると思う。あれもこれもは大変で、、、
ただ自分の関心事がどうしても手薄に感じられてしまうのよね~。

↓初めてブログに来る方もいるからちょろちょろコレ出すことにしました^^;
お願いいつもブログに訪問していただきありがとうございます。
エスリンクスは子どものいない人生の方の情報交換と交流を目的に

主催者Samiが株式会社を設立して、厳しい運営状況のもと続けております(???)。
今年12月の本の出版も「子どものいない人生」の人たちのことをもっと知ってもらいたいという
一念で動いています。
子どもがいてもいなくてもこのサイトを知ったら興味を持ってくれそうな方に
サイトやブログ情報をシェアしていただけると嬉しいです。

※※※

エスリンクスのホームページはコチラ→エスリンクス
ブログを知っていただく機会になるのと↓励みになりますので押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次