30代後半とアラフィフ風景の差

10年以上前、会社の定年(60歳)があと数年の男性と私(当時アラフォー)と後輩(当時20代後半)とが

喋っていた際に、後輩の年が20代後半だと分かるとその男性が

「大変だね、まだまだ」と本当に大変だね~という感じでぼそっ、と言いました。

定年近いなら、(その男性の年代は年金はまだ多くもらえそうだし)定年後は

65まで嘱託かアルバイトかなんかで働いて、子供も成人して社会人になってるし

老後にちょっとした趣味を持って健康に気を付けてまあそこそこ元気なら、、、

「流す」というか、そういう生き方がなんとなく見えたんだと思います。

若い、ということがもてはやされ、若いからチャンスが広がり、希望が多い、夢が描ける。

しかし、若いと人生の荒波に耐えストレスを抱え、長い社会人生活、これからのことを考えると

順風満帆というわけにはいかないだろうし苦労も多い、そんなことがド・昭和の男性には想像できたんだろうなと思います。

 

(今では60歳でも長寿社会、社会不安多く、「流す」ことは難しくなっているけれど。)

 

交流会や会員さんで30代の方にも参加していただいています(交流会では最初特に年齢を聞いていませんが)。

それで30代だった時の自分の気持ちを振り返ると

まだまだ人生がはるかーながくー、それとともに希望や夢も持てた頃だったように記憶しています。

(何歳でも今でも希望や夢は持てますが、少し大きめな希望、夢・社会的な希望というか夢というかうまく言えないけど)

可能性がまだある、と感じられた。こっちがだめでも違う道がひらける、という。

(今が可能性がないというわけではありませんが、体力や知力の面の劣化をアラフィフで感じると

30代で、「そこにあるように見えた可能性」今と比べるととてもきれいです)。

アラフィフの私は「流す」ことはできないけれど、人生の後半戦と思える部分からの今の風景です。

30代だったら、「流す」はとてもとても、ですね。想像もできない。

自分もかつてあった30代だけれど

今の30代の方のリンクスの方から見る風景と

今アラフィフの私から見る風景と、

社会も変わってきているのでその風景の違いに

今日はちょっと思いを馳せました。

(来た賀状のチェックでその会社の男性のことを思い出したので)

 

 

 

※※※

エスリンクスのホームページはコチラ→エスリンクス
ブログを知っていただく機会になるのと↓励みになりますので押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次