AI人工知能ロボットと老後

スマホが登場してその存在が
今のように世界を席巻するなんて
10年前にはほとんどの人が想像もしなかった、
変化がめちゃくちゃ早いといったことを書いたことがあります

昨夜寝ようとしてテレビを消す前にちょっとチャンネルチェンジをしていたら
人工知能の特集番組が放映されていて最後まで見てしまった。
びっくらこいた(どこのことばだ、、、)

ただ処理するだけではなく
感情を持った人工知能
創造性を生み出す人工知能
実際ロボットで実験しているところを見ました。
シンガポールでは人工知能を市民の生活に取り入れはじめ
いつもと違う動きを家の人がしていたら
異常を察知して外部の人に知らせたり(実験中?その辺りがよく分からなかった)
銀行で社員の行動やいろんなデータから不正や着服をしやすい傾向を
社員別、不正しやすいレベルデータを経営陣が利用していたり、、、。

中国で何千万人もの人が利用しているアプリ、シャオアイスは
人工知能でその人それぞれに合った言葉を返してくれる。
仕事で疲れたといえば、それを慰め希望を持たせる言葉を
人工知能が返してくれる、まるで人間みたいに。
そのアプリと結婚したいという若い男性もいた。

自動運転も実用化に向けてここ最近動きが大きい。

一気にココマデきたかという衝撃大きい。

子どもの頃、SF映画や漫画で
ロボットがいつも一緒で(ドラえもんみたいな存在)
アドバイスしてくれたり
慰めてくれたり
時には怒ってくれたり
という場面をたくさん見てきたけれど
これって
かなり近い将来のことになってきたの?と
思うとこれまた衝撃でした。

・・・
40年後くらい?いや30年後?

独り暮らしのおばあちゃんに1人1人に
その人の情報をいれた人工知能を持ったロボットがいて、
寂しければ相手をしてくれる。
異常があれば外部に連絡してくれる。
忘れたことがあればすぐ言ってくれる。
亡くなった夫の思い出を一緒に語ってくれる(勝手に夫が先に、、、になってるけれどもちろん
独り暮らしのおじいちゃんにもロボット配置)

もしかして、
健在でもよぼよぼ老人になっている頃には
老後の寂しい心配なんて
解消されている時代になっている・・・かも。

なんて、思いました。

40年後くらいかなあと思うと
ああ、ちょっと間に合わないかな、、、
でも世の中の変化は早いから
30年後くらいだったら
なんとか・・・!?
(妄想劇場おしまい)

※※※

エスリンクスのホームページはコチラ→エスリンクス
ブログを知っていただく機会になるのと↓励みになりますので押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次