私の履歴書を読みながら思ったこと

日本語ソフトの一太郎 

今のアラフィフ以下の方はもう馴染みがないかもなんですよね~(世代ギャップ・・・)

Windows95が入ってくる前から多くの方に使われていたすごーく使いやすいすばらしい日本語ソフト。

使用者目線でとても使いやすかった。

ワードに置き換わっていった時に、ワードのあまりの使いにくさに一太郎を

なんで使わなくなったのか疑問だった(今はワードも使いやすくはなった)。

そのあたりのお話も掲載されていたけれど、一太郎を開発したジャストシステム創業者の浮川さんが

3月の日経新聞の「私の履歴書」を書いていた。

徳島で創業されたジャストシステムの創業メンバーの奥さん、実質的な一太郎開発担った方だったんだ、あまり詳しく知らず。天才的なプログラマーだな~。

一太郎が駆逐された経緯、創業したジャストシステムを手放すことになった話などなどど、リアルストーリー、ひきこまれていった。

この「私の履歴書」を書かれる著名人(スポーツ選手、芸術家、経営者、政治家etc)、まぁ一代記なので、就職した、結婚した、子どもが生まれた、という人生大イベントをほとんど必ずと言っていいほど

言及するんだけれど、この時子どもに関しての記述なかったな~って

掲載が終わってからふと思ったのだった。それで、、、(つづく)

※※※

エスリンクスのホームページはコチラ→エスリンクス
ブログを知っていただく機会になるのと↓励みになりますので押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次