アラフォー独身ノンファン 老後

初めての方へ→ブログの紹介
ーーー
既婚子どもなしで
段々と年を取ってくると
心配になるのはやはり老後。

自分が年を取ると親が手術だ、ケガだ、介護だ、と問題が出てきて
付き添っているうちに
自分の親は私という子どもがいるからいいけれど
自分の時は子どもがいなくてどうなるんだろう?と
不安になります。

 

独身ノンファン(子どもがいない)の人はどうなんだろう?

早くから、そして一人っ子で
親の面倒を見てその大変さが分かっている人は
比較的早いうちから
老後のことを心配し始めると思います。
もしかしたら、やはり一人っ子ではこの後大変だから
だれかいい人がいたら結婚しよう、と思うかもしれません。

でも、そうしたことがなかった場合
そして兄弟がいる場合
独身の人の方が
老後のことを考えるのは既婚の人より少し遅いかもしれないです(一般的なあくまで私の考え^^;)

というのは、
既婚ノンファンだと「子どもがいる」人の存在を意識することがとても多い。
いる場合といない場合の比較をする機会がいいのか悪いのかは別として多く出てきます。
それは老後のことも含めて。
しかし
独身だと、意識しやすいのは先ず既婚の人。
その先にある、子どもがいるかいないか、は結婚してからの方が
強く意識しやすいからです。

全く結婚する気がなく、一人が好きという一人っ子の男性(40歳前くらい)に
老後のことをちょっと聞いたことがあります。
だって本当に一人が好き、結婚なんてとんでもない、と言っている人だったから。
まだ30代ということもありますが
「老後?そんなの親戚か誰かなんとかしてくれるんじゃないですか」
みたいな返事。
(前にもこの話を書いたかも)

親戚付き合いが深いところの出身なのか分からないけれど
もし同じ40歳前の男性でも
既婚で子どもを望んでいてできなかった立場の男性だったら、
同じ年齢だったとしても違う考えかもしれないです。

それぞれ置かれた状況によってもいろいろ。

(こういうこと=独身ノンファン、のことももっと本に書きたかったけれど
ほぼ2行になってしまった・・・。あれもこれも書くのはできなかった~^^;)

※※※

エスリンクスのホームページはコチラ→エスリンクス
ブログを知っていただく機会になるのと↓励みになりますので押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次