エスリンクス(Smile Life of No Kids)の含む意味2

昨日のブログの続き

友だちのお姉さんがお子さんを数日で亡くされたことを知って
本当に当たり前なんだけれど
一言で
子どもがいない、といってもそこに至るまでの
人生は、背景は人によって皆違う、ということを
改めて思いました。

もし、初対面の人から
家族の話などしていた時に
友達のお姉さんのように「子どもがいたんだけれど〇歳で亡くなった」と
私が聞いたら
「・・・・・・」間があき
多分その後、何かしら言葉を絞り出すとは思います。
こういう時はどう言うのがいいのか分からず
傷つけたりするつもりはなくても、
もしかしたら、結果的に傷つけてしまう、落ち込むような言葉を返してしまう可能性もあります。

親しい人、これから仲を深めていきそうな関係の知り合いどうしだったら
子どものことに限らず
それまでに人生であった言いにくいことも
時間をかけてお互い話していくかもしれません。

でも少なくとも
(例えば)カルチャーセンターで初めて会った人たちに
そんな深い話はする必要はないし理由は言いたくないですよね。
が!「あ、子どもいないんで」と言った時に短絡的に想像される理由は、
欲しかったのにできなかった、ではないでしょうか。

そういう理由もあるし
山口智子さんのような子どものいない人生を選択したという理由もあるし
お子さんを若くして幼くして亡くされている場合もあるし、
夫婦2人の人生を楽しんでいる場合もあるし
もともと身体が弱かったという理由もあるだろうし、、、
人それぞれいろいろな理由が存在すると思うので
「お子さんは?」に対して「リンクスなんです♪」と答えておけば
理由は想像におまかせして
ポジティブとはいかないけれどニュートラルな感じで
受け止めてくれるような風潮になれば
いいな~と思います。

※※※

エスリンクスのホームページはコチラ→エスリンクス
ブログを知っていただく機会になるのと↓励みになりますので押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次