何を見ても「母」の話に耳が

録画したテレビ番組を見ていて思ったこと。

ひとつの番組は作家の横溝正史氏の「犬神家の一族」の小説を

作家や識者が読み解くもので

何気なく見ていたら・・・

「息子への母の愛」ゆえにおこした殺人事件ですよね、

横溝の小説は母の愛が描かれているもの他にもありますよね、、、

作家の生い立ちゆえでしょうかねーみたいな話になっていった。

 

もう一方は、「ファミリーヒストリ」ーで北野武さんの家族の歴史を追った番組。

武さんのお母さんの存在がどれだけ彼にとって大きいか、

彼女がいなかったら今の彼はないんじゃないかというくらいに

番組を見ていて思いました。

たまたま日を近くして視た番組で

「母の愛」のクローズアップを感じたんだけれど

ドラマでも映画でも前面に打ち出していなくても

「母の愛」「母」がカギになっていたり、ひそかに描かれているもの

多いなあ、、、と感じたのでした。

 

そして

有名な小説の殺人事件もか!

たけしさんがあんなにも影響受けた母!

と今回知った時に

誰でも母から(良くても悪くても)影響を受ける、という経験はできる

しかし自分という人間がいいにしろ(できればいいのがいいけれど)なんにせよ

影響をもしかしたら一生与えていく存在を持つ(子供を持つということ)って

すごいことだなあ、、、と思うと同時に

「リンクスってそういうのないんだよね」、、、、とちょっと寂しくなったのでした。

 

 

 

※※※

エスリンクスのホームページはコチラ→エスリンクス
ブログを知っていただく機会になるのと↓励みになりますので押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次