先輩たちに感謝 橋田寿賀子さん

今日は昼に家にいて何気なくテレビをつけたら
徹子の部屋に橋田寿賀子さんが出演していました。

橋田さんが安楽死が合法的にできる?スイスに最近行って聞いてきた話が
ネットニュースに載っていて興味を持っていたので
徹子の部屋残り10分もなかったけれど食い入るように見てしまいました。

橋田さんが40歳くらいで結婚してお子さんがいらっしゃらない、
お義母さんに悪くて年齢を若く言っていたという話を前に聞いていました。
しかし今日の放送で、親戚づきあいなく、夫側の親戚からも墓に入るな(橋田さんも入りたくないみたい)と言われているので
文学者の墓(というのがあるらしい)に入れてもらうことにはなっているそう。

子供がいないのでお金をかけてでも
人様に迷惑をかけて死なないようそのために
いろいろ調べたり模索されているようでした。
スイス訪問もその一環。

夫が亡くなってからの一人を支えてくれた犬の晩年の認知症を
実際見て自分もああなるのか、とかなりショックだったーこんなことも
ネットニュースに確か書いてあった。

子供がいないと心配するものも心配されるものもないー
テレビでのこんなニュアンスの言葉が印象的でした。

考えてみたら、
子供がいたら子供が結婚して孫が生まれるまで、孫の成長まで、子供が経済的に落ち着くまで、とか
大丈夫だろうかと心配しながら
生へのいい意味での活力もあるだろうけれど子供がいないとそういうものはない
子供がいたら大丈夫かと心配されて
その存在がまた活力にもなるし迷惑かけたくないから元気でいようとか
そうなることもあるよなあと、、、。
子供がいると心配して心配される。

有名な方で金銭的にもかなり余裕があるから
いろいろできるとは思いますが
ちょっと先を生きているリンクスの方が
苦労しておひとりさまの最期をどうるすか、その方法を調べたりそれをメディアでシェアしてくれるのは
本当にありがたい。

いつだって、どんな分野であっても先駆者は本当に苦労すると思うので。

その苦労や話が
後の世代にさらにいい形で制度ができたり情報が共有される
きっかけとなる。

先輩たちに感謝。

(今女性が社会に進出して働けるのも、子育てしながら働ける制度も段々できてきているのも
同じ。先輩たちの苦労の土台があったからだよなあ、と。
女性で初めての医者とかそういう職業においても様々な分野の先駆者女性がいて今につながっていると思うので)

橋田さん現在91歳。これからもリンクスの老後のことについて
いろいろ発信していただければ嬉しいと思いました。

※※※

エスリンクスのホームページはコチラ→エスリンクス
ブログを知っていただく機会になるのと↓励みになりますので押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次