遺贈って? 子供いないならそういう遺し方もありか

初めての方へ→ブログの紹介

———

国境なき医師団からDMが来ます。
以前、思うところがあって何度か寄付したのですが
(女子会ランチ数回分くらいしかできてませんが)
その後活動の報告レポートと寄付の依頼が入ったDMが来るようになりました。

今回のDMで
「遺贈・相続財産・お香典・供花代による寄付をお考えの皆さまへ」という
部分が気になり、読んでみると・・・

”近年「法定相続人がいない」「社会への恩返しがしたい」などの理由で、
遺産の寄付を望む方が増えています。その方法として選ばれているのが、
遺言によって自身の財産を特定の個人や団体に与える「遺贈」です。
国境なき医師団では、遺贈という形で託された尊い遺志を、医療・人道援助活動を
通じ多くの命につないでいます”

と書いてありました。

近年、遺産の寄付を望む人が増えているって、、、
そして、その理由「法定相続人がいない」には気になりました。
いない方が増えているんでしょうか。

子供がいない人の場合、配偶者がいる場合は配偶者、親、兄弟、兄弟亡くなっていたらその子供が法定相続人になると認識していますが、

子供がいなくて子供や孫に財産を残す必要がないのなら、
そしてもしいくばくかのお金が遺ったら、そういう使い道もあるのね、、、。
(お金が遺ったらのお話ですが)

生涯未婚率増えているでしょ、
直系の相続人がいない人増えていくかもしれない、
・・・

いろいろ考える、DMでした。

※※※

エスリンクスのホームページはコチラ→エスリンクス
ブログを知っていただく機会になるのと↓励みになりますので押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次