任意後見人受任者 契約しました

慌ただしい年の瀬。

先日、年内ギリギリ親の任意後見人受任者の契約、公証役場で終わりました。

私が何かあった時に私が親の後見をする契約。

しなくても何とかなる場合も多い。

銀行による本人確認や行政手続き、法律的な契約関係、本人ができれば全然問題なく

しなくてもなんとかなるかなと思ってきたけれど

兄弟と話し合いすることに。親にも説明。

その後、制度を使うかどうかは状況によるのでこのままということもある。

保険みたいなものだと思う。

後見人の制度はググれば出てくるので今日は特に書かないけれど

おひとり様の増加、高齢化、

自分で判断するのが難しい人が増えると思われる中、

今後このような制度は修正されながら

利用する人が増えるだろうな。

しかし、今はまだ使い勝手よくなくて利用にハードル何かと高い。お値段的にも。

今回、感染者が増えた時期などに親と話が停滞し、司法書士事務所に依頼してから公証役場での契約まで1年数ヶ月以上経っていました。

以前、ノンファン交流会とクラブツーリズムの終活講座を組み合わせた会をやった時(交流会+おひとりさま身元保証のセミナー聞きに行きました)も今も自分が受ける側としては

まだ早いかなという思い。

これから社会の変化とともに

面倒を見る人がいない、世話する人がいないケースが多い

ノンファンが生活しやすいシステムができてくるのかどうか。

※※※

エスリンクスのホームページはコチラ→エスリンクス
ブログを知っていただく機会になるのと↓励みになりますので押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次