『子なしのリアル』あれから5年

書籍『子なしのリアル』の発売がちょうど5年前の12月でした。

出版決めてから8ヶ月くらいだったかな。

私にとっては清水の舞台から飛び降りるような(笑)決意でした。

(詳しくはnoteに書いています。本の出版とその広告が一番大きな支出

5年前は、強烈な想いがありました。

で、その想いで本出してから5年経って、ノンファンを取り巻く環境はどうなったかな、と考えると・・・

う~ん う~ん う~ん

社会的な面での変化で良くなったことは

ノンファン関連の記事や本や情報が前より増えたこと。

増えたといっても全然充分じゃないけど、
その前の5年に比べたら、ダンチ(死語か、、、笑)です。
Yahoo!記事でも以前より見かけるようにはなりました。

そして、社会的な面でほとんど変わっていないのは

ノンファンの存在への理解や認識の少なさ

です。

そして上記のことと関連してくるのだけれど

相変わらず変わらないノンファンの

居心地の悪さ

ノンファン個々の悩みや(非選択の場合)悲しみは、世代が変わっても社会がノンファンにとって
良い方に変わったとしても、あります。
それは悲しいけど仕方ないけど

しかーし、問題なのは、

個人的な悩みや悲しみを増幅させてしまう、
居心地悪さ、社会全体の無理解、スルーされ感などなど。


これらは5年経ってもほとんど変わっていないような気がします。

※※※

エスリンクスのホームページはコチラ→エスリンクス
ブログを知っていただく機会になるのと↓励みになりますので押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次